モビットの審査は甘い?厳しい?

キャッシングの与信審査について

キャッシングを利用するときには、与信審査を通過する必要があります。この時に重要なのが申し込み書類に記載する属性です。属性とは、年収や勤務先、勤続年数や家族構成、借り入れの有無、その他の情報の事をさし、それらの属性をスコアリング(点数化)することで、金融業者は融資を行うかどうかを決定しています。属性は融資の可否の他、限度額を決定する材料になると考えられています。一般的には年収は低いよりは高いほうが、勤続年数は短いよりは長いほうが、独身単身住まいよりは同居家族がいるほうが審査には有利とされています。
ですが、専業主婦やフリーター、勤続年数が短い方でも融資が受けられないわけではありません。本人または配偶者に安定した収入があり、返済可能と判断されれば融資が受けられることが多いようです。

審査とブラックリストの関係

カードローン会社などの審査は、申し込み者の属性をチェックすることで審査を行います。そのチェック・ポイントで特に重視されるのが、他社からの借り入れ状況や金融事故歴などです。
もしも既に他社から高額の借り入れをしているような人なら、審査に通るのは困難です。また、過去に金融機関と返済トラブルなどの金融事故を起こしたことがある人も同様です。いわゆる、ブラックリストに名前が載っているような人は、審査では極めて不利になるのです。
とにかく金融事故は、関係者全員にとって、百害あって一利無しです。健全な社会生活を営むためにも、無事故を心掛けましょう。

カードローンの審査通るために大事なことは

カードローンに申し込んだはいいけど審査に落ちてお金を借りることができなかった。そんな経験をされた方もおられるかもしれません。審査で落ちた理由がわからなければ、時期を改めても同様の結果になり、お金が必要なときに大変困る場合もあります。 ではいったいカードローン会社は何を基準に審査を行っているのでしょうか。 はじめにカードローン会社には大きく2つの系統があります。1つは銀行系のカードローン会社です。もう1つは一般的に消費者金融と言われる独立系のカードローン会社です。どちらのカードローン会社も仕組みはほぼ同じですが、銀行系のカードローン会社の方が金利が低く設定されている場合が多いです。ただ1つ決定的に違うのは総量規制の対象に入るカード会社なのかそうでないかということです。総量規制とはお金の貸し出しは年収の1/3までに制限するという法律です。一時期カードローン破産問題が社会現象化され、借りすぎを防ぐ一貫としてできた法律です。アイフル審査のポイント ただ、この総量規制の対象になるのは、消費者金融のカード会社であって銀行系のカードローン会社には適用されないので、銀行系ならば年収の1/3を超える金額の借り入れも状況によっては可能となります。ただ当然ながらその反面に、消費者金融の審査より厳しい審査が行われるという現実もあります。 では、その審査では各ローン会社は何を見るのでしょうか? 各ローン会社がもっとも見るのは属性になります。属性とはその人が働いているのか働いていないのか。家は持ち家なのか賃貸なのか、年収はどれくらいなのか、その勤務先には何年務めているのか、家族はいるのか独身なのか、今までにカードローン会社からお金を借りて返済しなかったことがあるかないか。などたくさんの事項になります。カードローン会社もビジネスなので、返済能力が高い人に借りてもらいたいからです。審査時はそうしたことを総合的に判断する形になります。そうした条件が整ったときに審査を受けるほうがとおる可能性は高くなると言えます。
PAGETOP
Copyright © モビットの審査は甘い?厳しい? All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.